ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

みなさんはジェネリック医薬品は使用していますか?

 

ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことです。
医師によって処方される薬には、新しく開発されて発売された先発医薬品(新薬)と、
先発医薬品の有効成分にかかわる物質の特許期間を過ぎた後に作られて発売される後発医薬品があります。

 

薬は基本的に有効成分と添加剤で構成されています。
有効成分は病状や症状に効くもので、
添加剤は薬に色を付けて有用性を高める着色剤や、品質の安定化を計ったりするものなどを指します。

 

ジェネリック医薬品の有効成分は、先発医薬品と同じで、ほぼ同等の効果が期待できます。
しかし、添加剤が異なる場合があるため、効果は全く同じとは言えない場合もあるのです。

ジェネリック医薬品を使うメリットとは?

ジェネリック医薬品を使う大きなメリットとして、二つ挙げることができます。
1つは薬が使いやすいように工夫されていること。
2つ目は、価格が安いことです。

 

1つめの使いやすさとは、特許が切れるまでの長い年月の間に製薬技術は進歩しているので、
先発医薬品では大きなサイズのカプセルや錠剤だった形状も、
ジェネリック医薬品では小さくして、飲みやすく工夫したものもあります。

 

2つ目の価格が安いというのは、先発医薬品を開発するためには、有効成分を見つけることから始まり、それが本当に効果があり、安全であるかどうかを確認するために数十年もの長い期間と数百億円もの投資が必要と言われています。

 

それらの研究開発費にかかるコストは薬の価格に反映されているのです。
しかしジェネリック医薬品の場合、すでに効果や安全性などはすでに確認済みなので、
研究開発費を抑えることができ、基本的に薬の価格も安く設定できるというわけです。