心臓弁膜症

しっかり知ろう!心臓弁膜症

心臓弁膜症という病気をご存知ですか?

 

心臓は全身に血液を循環させるポンプの働きをしてくれていますよね?
そして心臓の弁は、血液のコントローラーです。血液の流れを一方方向に保ってくれています。
心臓から送り出された血液は、体の隅々を巡って、心臓に戻ります。

 

そして肺に送られ、体の隅々から回収した二酸化炭素を酸素と交換し、
再び心臓に戻るのです。

 

この循環を保つために重要な役割をしているのが、
僧房弁、大動脈弁、三尖弁、肺動脈弁という4つの弁です。

 

これらの弁は、心臓の収縮や拡張に合わせて開閉することで、
血液が逆流したり流れが滞ったりするのを防いでいます。

 

心臓弁膜症とは、これらの弁に何らかの異常が起きて働きに支障をきたす病気です。
便の開きが悪くなる狭窄症、便がきちんと閉じなくなる閉鎖不全症があります。

心臓弁膜症の主な原因

心臓弁膜症の主な原因は、日本では高血圧、動脈硬化、加齢と考えられています。
これらにより弁が分厚くなったり、硬くなったり、損傷したりして発症します。
4つの弁のどれにも起こる可能性がありますが、特に多いのは左心房や左心室の弁に異常がおこる大動脈弁狭窄症と僧房弁閉鎖不全症です。

 

さて、大動脈弁狭窄症の症状を詳しく見てみましょう。
左心室の出口にある大動脈弁の開きが悪くなって起こるこの病気。
大動脈弁がうまく開かなくなると、全身へ送り出される血液の量が低下するので、
心臓はより強い圧力をかけて全身へ血液を送り出そうとします。
そのため、心臓の負担が増して、心筋が徐々に厚くなっていくんです。
信仰するまで症状は現れれませんが、全身へ送られる血液量が減少することで息切れや胸の苦しさなどの狭心症に似た症状が現れるのが特徴です。

 

僧房弁閉鎖不全症は、左心室の入り口にある僧房弁がきちんと閉じなくなり、
左心室の血液の一部が漏れて、左心房へと逆流するため、全身に十分な血液を送り出せなくなります。
すると心臓はより多くの血液を左心室へ送ろうとするために負担が増し、
心筋が伸びて心臓が徐々に拡大していきます。
こちらも進行するまで症状は出ませんが、心臓の拡大が限界に達した時に肺にまで逆流が及んで肺がうっ血してしまうと、活動時に息切れやせき、呼吸困難などの症状が現れます。
そのため、肺の病気と間違われてしまうこともあります。

心臓弁膜症への対応

心臓弁膜症は、自覚症状がある時には既に進行していることが多くある病気です。
ですので、非常に恐ろしい病気の一つと言えるでしょう。

 

気になる症状が少しでもある場合には、早めに循環器内科を受診することをおすすめします。

 

また、特に60〜70歳代の人は、健康診断や人間ドックなどで定期的に心臓の状態をチェックすることをおすすめします。
検査では、まずはじめに聴診が行われます。
健康な心臓の音は、ラップタップラップタップという規則的な音がしますが、
弁膜症がある場合にはゴーゴーというこもった雑音が聞こえます。

 

心臓の雑音が確認されただけでは損傷している弁を特定できないので、
確定診断のために心臓超音波検査が行われます。

 

主婦や自営業者の場合は、会社で定期健診を受けるという機会はないので、
自主的にしっかりと検査を受けに行くことがとても大事ですね。
ついつい面倒くさくて後回しにしてしまいがちですが、
私もしっかりと健康診断を受けようと思いました。