健康豆知識

便秘を招く生活習慣

便秘を招く生活習慣にはいくつかあります。

 

・朝食を食べない。
・朝、トイレに行く時間がない。
・便意を我慢することが多い。
・ダイエットをしている。
・消化の良いものばかり食べる。
・野菜や果物をあまり食べない。
・あまり歩かない。
・運動する習慣がない。
・ぐっすりと眠れない。
・睡眠時間が短い。
・いつもストレスを抱えている。

 

 

この中のいくつ当てはまりましたか?

 

朝食を食べると総蠕動と呼ばれる大きな蠕動運動がおこります。
その刺激が脳に送られると便意が起こるのです。
朝食を抜くと便意が起こりにくいので、排便のリズムが乱れる大きな原因となってしまいます。

 

便秘解消には、朝食をしっかりと食べ、適度な運動、睡眠を心がける生活習慣が大事ということですね!

便秘を引き起こす病気

便秘の中には病気が隠れている場合もあると言います。本当に怖い話ですよね!!

 

例えば、大腸がんや大きなポリープなどによって、便の通り道が狭くなっていることや
腹部の手術後に腸が癒着してしまった、
子宮筋腫や卵巣嚢腫が大きくなって、大腸を圧迫しているなどの場合に、
便秘が起こることがあるそうです。

 

何らかの病気が原因で起こる器質性便秘は、
生活習慣によっておこる機能性便秘とは区別して対処をすることが必要となります。

 

便秘がある場合には、まずは医療機関を受診して、
病気が隠れていないかどうかしっかりとチェックしておくことが大事と言えそうです。
便秘何てそんなたいそうな病気じゃないよ〜と甘く見ずに、
しっかりと検査をすることが必要なんですね。