高血圧・糖尿病・がん予防に効果的な食材

高血圧・糖尿病・がん予防に効果的な食材

高血圧・糖尿病・がんを予防するために、
ぬるぬるとした水溶性の食物繊維が豊富な食材がとても良い効果を発揮してくれます。

 

例えばわかめ。
わかめのおよそ4割が食物繊維です。
そのうち1/3がアルギン酸で、フコダインも含んでいます。
研究により、血液中の中性脂肪を減らす働きが確認されたため、
肥満予防にもつながると期待されている食材なんです。

 

ちなみにアルギン酸とは、便秘解消、コレステロールお低下作用、
血糖値の急激な上昇を抑制してくれる効果、
カリウムの働きを助けて、ナトリウムを体外に排出する働きのある成分です。

 

フコダインは、胃がんや胃潰瘍の原因とされているピロリ菌の表面にまとわりついて
胃の粘膜に吸着するのを阻害する働きがあります。

高血圧・糖尿病・がん予防に効果的な食材 その2

高血圧・糖尿病・がん予防に効果的な食材としてわかめのほかには、
ひじきもあげられます。

 

ひじきは、およそ4割がアルギン酸やフコダインなどの水溶性食物繊維です。
マグネシウムやカルシウム、カリウム、さらに鉄分も豊富なひじき。
ひじきの煮物の小鉢1杯分には、鉄分が3mg含まれていて、
これは50代以上の女性の1日当たりの鉄分摂取推奨量のおよそ1/3にあたります。

 

そして昆布もおよそ3割がアルギン酸やフコダインなどの水溶性食物繊維でできた食材。
ミネラルバランスも良く、出汁をとっても出汁の中に溶け出すアルギン酸はわずか5%未満という、とっても優秀な食材です。

 

天草から作られる寒天は、なんと8割近くが水溶性食物繊維で、
カロリーはほぼゼロというから、女性にはうれしい食材です。
編み目構造を形成し、他のショック持つ繊維にはない強力な保水力を持っているため、
満腹感をもたらしてくれます。
さらに、酸をくわえて加熱すると、編み目構造が分解されて、
固まらない性質に変化します。
この時に含まれる成分に、抗がん作用の可能性が期待されているそうです。