尿漏れ

尿漏れはセルフケアが大切

ためしてガッテンの雑誌を読んでいます。
現在読んでいる号に、尿漏れの問題が取り上げられていたのですが、
それがとても興味深かったです。

 

なかなか尿漏れの問題は恥ずかしいので人にも相談しにくいですよね?
現時点で私は尿漏れに悩んでいるわけではありませんが、
女性には非常に多い問題だと思うので、予備知識として知っていると非常に役立つ情報満載でした。

 

まず、尿漏れはセルフケアが大切とのこと。
デリケートな問題なので、発症から病院を受診するまでに10年以上かかったという方も少なくないそうです。
50歳まで煮半数の女性が尿漏れを体験するとのデータもあるそうで、
決して恥ずかしがるような病気ではないんだと、認識を新たにしました。

 

現在は尿漏れパッドなどもとても良いものが出ているそうなので、
そういったものを使用したり、骨盤底筋体操を行って、尿漏れ予防・対策を行うことも重要だと書いてありました。

尿漏れのタイプについて

前回に引き続き、ためしてガッテンで得た尿漏れに関する知識のお話です。

 

尿漏れには大きく分けて2つのタイプがあるそうです。
一つは腹圧性尿失禁と呼ばれるもの。
いわゆるグラグラ尿道というやつです。
咳やくしゃみ、運動などをしたときに漏れる症状ですね。

 

もう一つは、膀胱暴走(過活動膀胱)のため、強烈な尿意を伴って漏れる切迫性尿失禁です。
どこに行ってもトイレを気にするため、生活の幅が狭まってしまったり、
日常生活に悪い絵教を及ぼしてしまう症状です。

 

どちらのタイプも、まず第一歩は尿漏れは病気だと自覚することが大切だと言います。
自分のタイプに合った対策を見つけることが大事だということですね!!

 

次回以降、グラグラ尿道と膀胱暴走についてまとめてみたいと思います。

膀胱暴走(過活動膀胱)について

原因は不明ですが、暴行が勝手に知人で尿を漏らしてしまう膀胱暴走(過活動膀胱)のタイプは、我慢ができないために怖い症状です。

 

膀胱に尿がたまりきっていないのに、トイレに行きたくなったりと、頻尿の悩みが起こります。
具体的には、トイレのドアを開けるまで我慢できないことや、水音を聞くとトイレに行きたくなる、
トイレに行ったばかりなのにすぐに行きたくなる、尿意を感じても少ししか出ないといった症状に悩まされます。

 

それに伴い、外出恐怖症になってしまうなど、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。
また、グラグラ尿道(腹圧性尿失禁)と両方になってしまうケースもあるそうです。

 

正常な膀胱は、400mlの尿をためられるのに対し、暴行が勝手に縮んでしまうと、
20ml程度しか貯められなくなってしまいます。

咳をしても漏れてしまう、グラグラ尿道

グラグラ尿道=腹圧性尿失禁の原因は、骨盤底の緩みにあります。
骨盤底は、暴行を下から支えている筋肉や結合組織の集まりのことを指します。
これが緩んでしまうと、少し腹圧がかかっただけで、暴行と尿道の位置が下がり、
尿道が開いてしまうので尿漏れが起こってしまいます。

 

グラグラ尿道は、出産経験のある女性や肥満体系の人がなりやすいタイプだそうです。
漏れる行動としては、歌を歌う、笑う、重たいものを持つ、階段の上り下り、
走る、咳をする、くしゃみをするなど、日常的に行う行動が当てはまります。

 

グラグラ尿道には、骨盤底筋体操が有効です。
骨盤底筋を鍛えて、暴行が下がるのを食い止めることができます。
継承者には特に効果的なので、予防の意味を含めて挑戦してみてください。

 

やり方は、仰向けの姿勢で全身の力を抜きます。
脚は肩幅ぐらいに開き、膝を軽く曲げましょう。
お腹に力が入っていないことを手で触れて確認し、校門と膣の周りの筋肉をお腹の中に引っ張り上げるようなイメージでギュッと締めます。
2秒止めて4秒休めるを5回、5秒締めて10秒休めるを5回、
これを1セットとし、一日10セットを目標に行いましょう。