お薬手帳

お薬手帳の使い方

自分の服用歴やアレルギーなどを網羅するため、または複数の医療機関で処方された薬が一目で分かるように、お薬手帳は一冊にまとめておくことが重要です。
薬局ごとにお薬手帳をもらって、何冊も持つことは避けましょう。

 

そして医療機関を受診する際や、薬局には必ず持っていくようにします。
薬局で市販薬やサプリメントなどを購入する場合でも、お薬手帳があれば薬剤師に飲み合わせをチェックしてもらえるというメリットもあります。

 

また、自宅では置き場所を決めて、外出するときには必ず携帯するようにするといいです。
万が一事故や災害にあったり、持病が急に悪化した場合などでもお薬手帳を見た医師や薬剤師は迅速かつ適切に対応することができるからです。

お薬手帳の活用

現在、日本で医師から処方される薬の種類は、約2万品目と言われているそうです。
そのため、全ての薬を1つの薬局で揃えておくことは難しく、
かかりつけ薬局を利用した時に在庫がない場合には、卸業者から取り寄せたり、
近くの薬局に連絡をして譲り受けたりして対処をします。

 

しかしすぐに薬が必要で、別の薬局に行ったり、利用期間に近い薬局を利用する場合などんいは、お薬手帳を活用すると、かかりつけ薬局で保管している記録と同様の情報を提示することができるのです。

 

お薬手帳は薬局や医療機関で入手でき、飲み薬から目薬、貼り薬まで自分が使っている薬の情報を記録するものです。
薬局では情報を薬剤師が記入したり、シールにして貼ることもあります。
薬の服用歴は医師が薬を処方するうえでも参考にしたり、初めて訪れた薬局でも、飲み合わせの悪い薬や重複を避けることができます。
お薬手帳には、食べ物や薬のアレルギー、常用しているサプリメントなどについても自分で記入しておくのが良いですね。